2010年03月23日

★★★★★ゴースト/アワードラッシュで追悼シーンに感極まったので

昨年末から楽しみにしていたアカデミー賞を発熱の為に見逃し
(2年ぶりくらい!!!最近その愚痴ばっかりだ・・・・。たらーっ(汗)
ダイジェスト版を見るも全然物足りなくあまりの寂しさに暮れておりました。
そういえば・・・
その前に見たゴールデングローブ賞でのダイジェストで
その年お亡くなりになった方の追悼VTRでは
「ゴースト」のラストシーンで締めくくっていたっけもうやだ〜(悲しい顔)
アカデミー賞ではパトリック・スウェイジをどんな風に送ったのだろう・・・。

それも見たいシーンのひとつだったので・・・探してみたら・・・
あったあった!!!それもデミ・ムーアがプレゼンターだ。



・・・出だしのちょこっとだけだったけど
やっぱり彼がスペシャルだった事はよく伝わります。
そんな訳であまりにも切ない映画のシーンと現実を
ロマンチックに重ねてしまうパトリック・スウェイジの代表作、
私のBEST映画ナンバー2の「ゴースト」の感想を今更ながら。。。

今ではDVDCDを所有しているのはもちろんの事
劇場公開当時は2回観にいきました手(チョキ)
最初に観たのは部活の帰り際立ち寄る程度に。
思いがけず号泣して動けなくなっている私を
引き気味に眺めていた友人の呆れ顔あせあせ(飛び散る汗)。。。
何と言っても近くにいるのに伝わらない、伝えられない、伝えられる人が信じられない
このもどかしさが心を鷲づかみにする一番の要素です。
この複雑な気持ちを見事に表現したデミ・ムーア演じるモーリーのチャーミングな表情。
まるでそれに翻弄されるかのように
必死で彼女の気持ちを寄せようとするパトリック・スウェイジ演じる幽霊のサム。
このマッチョな男がこんなにも無力なのもまた切ない。
あまりのやりきれない非情な現実に普通なら目を塞ぎたくなるものを
二人を繋ぐウーピー・ゴールドバーグ演じる霊媒師が
また見事に人間臭い本音をユーモアたっぷりに好演して妙に引き込まれる展開を演出。
この3つの役のバランスの良さがこの映画の成功の最大の秘訣だったと思います。
それを支えた脚本が土台になっている事は言うまでもないですが。
(この映画の素晴らしいレビューはいくらでもあると思うのでこの辺で・・・)
 
そのパトリック・スウェイジがまるで映画のラストシーンのように
天国に召されたのはもう大分前になりますが
思い出すと未だにぐっとくるものがあります。
お迎えが来ないまでの現世でのやりとりを思うと
私は全く幽霊を信じていないので
だからこそファンタジックな想像の世界に浸って勝手に感動してるんですが
これが本当に「側にいる」と思って独り言を言うのと
「側にいたらいいのに」と願って独り言を言うのとでは
まるでスピリチュアル濃度が違う。
私は想像の世界で「こうであればいいのに」と願う乙女なタイプだったりして
(えぇドコモポイント、人は見かけじゃございません。)
それが現実を生きる楽しみの付加価値になってたりします。
ついでに映画の種類でいうと若干お化け屋敷チックなのがストライクゾーンなので
このところのヒットはゆいどんと一緒でまともに見れなかったけど
「パンズ・ラビリンス」の世界はおもしろかったかなぁ。
(「ティンカーベル」も良かったけどねぴかぴか(新しい)
panz.jpg

そして、最近気になってしょうがないのが
ジョニー・デップ最新作「アリス・イン・ワンダーランド」ひらめき!!!
ティム・バートンの独特のブラックテイストが
予告編の至るところで炸裂しており
今までにないくらいわくわくしていますグッド(上向き矢印)
4/17(土)公開との事です。

アリス・イン・ワンダーランド公式HP
http://www.disney.co.jp/movies/alice/

↓ネコバスみたいなのがいい。



↓私のパトリック・スウェイジ、思い出の作品。
 絶対的な頼れる存在でありながらも
 彼の作品が一般的なバイオレンスものにならないのは
 その中で垣間見せる人間的弱さの表現が非常に繊細で
 自然とヒューマンドラマな展開に流れてしまうから。
 もしアメコミヒーローだったら
 返り咲いたロバート・ダウニー・JRの主演で成功させた「アイアンマン」が
 都会に生きる洗練された中年のビジネスマンだとしたら
 パトリック・スウェイジは大地のソウルを生命力として
 森林伐採とかの悪に立ち向かう土臭い正義の味方がぴったりな気がします。

ゴースト ニューヨークの幻 スペシャル・デラックス・エディシ [DVD]

ゴースト ニューヨークの幻 スペシャル・デラックス・エディシ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD





ダーティ・ダンシング [DVD]

ダーティ・ダンシング [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD





ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD





若き勇者たち [DVD]

若き勇者たち [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD





11:14 [DVD]

11:14 [DVD]

  • 出版社/メーカー: AMG Entertainment
  • メディア: DVD





アウトサイダー [DVD]

アウトサイダー [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



posted by Guckmov at 23:24 | TrackBack(0) | 映画鑑賞−LOVE&DRAMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。