2010年12月10日

★★★★☆ビッグ・バグズ・パニック/手作りのわくわく感に秘めた真意





お母さん虫は何種類の昆虫を産んだのか。
後から思い出すとそういった事も
もうどうでもいい訳で。


見終わった後の爽快感(いろんな意味で)!グッド(上向き矢印)おもしろいもの見ちゃったなぁーっていう病み付きになる満足感に浸るんだけど、B級好きを自認し始めた時から何をもってB級というのか、なんでこんなにおもしろいと思ってしまうのか、永遠の謎犬みたいに感じていました。大ヒット超大作でも心底大好きな映画もあるので、低予算とかそういう解りやすいものじゃなくて、なんかB級と感じるものに対する言葉にできない愛着心をどう表現していいものかと。
んで、今回何となく思ったのが、感想を書こうとしてもあまり思い出せない。その場限りの満足で終わるから余韻に浸って感動を呼び起こすという事ができない。だから見終わったすぐ後は★5つだったけど、それに気がついて★をひとつ減らしました。たぶんそこがB級とそうでないものの違いなのかも。

とにかく設定がはちゃめちゃなアイデア満載の作品。
気がつけば大きな昆虫に繭でぐるぐる巻きにされている状態。(なぜ大きな昆虫に街が支配されているのか、は蛇足的にメイキングで説明してたけど宇宙夜からなんとかかんとか言ってました)昆虫モンスターと人間のサバイバルバトルは果たしてどちらに軍配が上がるのか!いろんなおもしろかったシーンを思い出すけど全然まとまらないので今回ランキング形式で箇条書きにしてみます。



インパクトの強かったシーンベスト5(※若干ネタバレかもしれませんので要注意)

1.主人公のお父さんが出てきたシーン
無名俳優ばかりの本作でまるで突然爆弾を投下されたかのように不意打ちで登場した「ツイン・ピークス」シリーズのレイ・ワイズ。クレイジー系ではかなりの大御所俳優の登場でいきなり興奮バロメーターが上がりました右斜め上。なもんで、期待通りもういろいろ笑えるわーい(嬉しい顔)訳で、たぶん作ってた側も相当のリスペクトなキャスティングだったんじゃないかと思います。
 
2.くも人間がメイン進行している後ろで背景のように出てきたシーン
ゾンビみたいなのが出てくるのは解ってましたが、登場の仕方とか歩き方とか噴出すくらいなぜか笑えました。その後の他の変身シーンも見事だったと思います。「SF/ボディ・スナッチャー」の犬系はもうお約束というか、みんなやりたいって思うんだと思う。

3.エンディング
この終わり方は反則、という意味では「ミスト」への反発的な締め方かなぁと。(個人的に「ミスト」はちょっと許せないものがあったので)

4.主人公がお父さんに反抗しているシーンいくつか
今まで何となくダメダメっぽかった主人公が思っている事をストレートに表した事でどきっとしましたが、それでも何にも変わらないお父さんのセリフ(レイ・ワイズ!!!)がまたそれらしくって笑えた。

5.電池がなかったシーン
元軍人のお父さんの心意気がこのシーンでかなりゆるくなる。(でも本当に最後ぐっときたのはハンディキャップをもつ青年の絡ませ方)


こうやって思い出すと結構あれも、これも、となるんだけど、そうするとまたぐちゃぐちゃになってくるのでたらーっ(汗)この辺で。
後、恋人同士となる二人のキャラクター設定と交わすセリフの妙も相当共感フラグが立ちました。(主人公のクリス・マークエットの演技がものすごく良かったのもあるかもひらめき)オマージュ的なものをいくつか思い出せる時点で、内輪受けの自己満足感が強いもののようにも思えますが、だからこそそれをオリジナルにどう昇華させるか、そういう意味では本当に素晴らしいB級映画だと思います。
















エイリアン・アンソロジー:ブルーレイ・コレクターズBOX(エイリアン・エッグ付)


posted by Guckmov at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞−HORROR(SF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

★★☆☆☆バグズ・パニック!/研究熱心の末訪れたパニックに運命的に結ばれた二人が立ち向かう


蜂の大量死について妄想した時に
こういうのを思いついたら
創作活動が楽しくなるかも。
乙女なラブロマンスをスパイスに。


バックストリート・ボーイズ&ニューキッズ・オン・ザ・ブロックのツアーの事を知ってから(音楽ブログ→育児しながら音楽アンテナ←でどぞ)超懐かしいニューキッズで思い出すのはドニー・ウォルバーグくらいで、最近では「SAW」しか思い当たらず、アイスの「爽」を食べたいというのもあって「SAW6」を借りてこようとレンタルDVD行って参りました。

そして手に持って戻ってきたのは「バグズ・パニック!」
(はい、全く関係ありません。ドコモポイント

バグズパニック.JPG

ぽすれん バグズ・パニック!

「SOS!100万匹が大来襲!バグズパニック!」
って本当は「ビッグ・バグズ・パニック」を借りてきたつもりだったのに
間違った・・・。たらーっ(汗)
「マトリックス」の代わりに「アホリックス」を選んでしまったような非常に残念な気持ちになってしまったので、一応見てから後日「ビッグ・バグズ・パニック」を借りてきました。iTuneレンタル初体験しようかとも思ったんですがセルで2000円しかなかったので仕方なく・・・。
という事で「バグズ・パニック!」はスルーしようかとも思ったんですが、なかなかB級にしては、普通にB級だったので、検索してもあまりヒットしないのもあり、結構ニッチなのかと一応感想を書いておく事にします。
★をいくつつけようか非常に迷いましたが、B級色メガネ的には★3つでもよさそうなんだけど、ブログ全体的にダブルスタンダードになってもまとまりがつかないので、2.9って事で2つにしておきました。
大量死する蜂について「蜂が死んだら人間も死ぬ」という事は言われておりますが、たぶんそこからストーリーを導き出したんではないかと。そうだった場合これはシャマランの「ハプニング」の亜流なのかもしれない。(脳内ではここでウォルバーグ兄弟が繋がりましたひらめき。脈略はほとんど全く関係ないけれども)
マッドサイエンティスト系の研究が元で異常な蜂が出現し、蜂に刺された瀕死状態の父を救うべく奔走する女性主人公と元研究員のタクシー運転手との微妙なロマンスハートたち(複数ハート)を楽しみながら閑散とした街の事態を収拾していく、パニックサスペンス。
見方は2つ手(チョキ)
蜂が大量死している事実を軽視していはいけない、というメッセージをこの映画なりの本筋で受け止める。
もう1つはこの二人のロマンスの無理やりな設定にキュンとなる。
どっちかというと後者の方の見方が強くなってしまいましたが、母親を早くに亡くし元々自立心旺盛だった主人公に近付こうとする男性に対して「私は同情される類の女ではない」と言い切ってみせるも、でも運命の赤い糸はいつでも彼らを引き寄せてしまい、彼の上半身裸に遭遇してみたり、二人一緒に転んだら偶然にも重なり合い目を見詰めたままだったり、蜂を追い払う為に必要以上にさわさわしてみたり、車ではなくあえて体が密着するバイクで逃げてみたりと、あぁ、もうこれ少女漫画の世界じゃないか、と内心ドッキドキグッド(上向き矢印)!こういうストーリーだと最後は必ず結ばれる訳ですが、そんな時必ず「スピード」と「スピード2」の
「異常な状況下で結ばれた二人は長続きしない」
を思い出してしまうのは、もう致し方ない。
後、石造りの家や自然の景色も素晴らしく、衣装もすごくかわいかったです。ドイツに行きたくなりました。って話の途中で地図が出てきてたけど全部海に面してたぞ。てな訳でググってみたらこの映画ドイツ映画ですが、舞台はスペインのリゾートアイランド、バレアレス諸島(マジョルカ島)でのお話で、ロケ場所はドイツではないみたいです。

ちなみにもうひとつ注目したのはタクシーの後ろにおかれた黄金招き猫。
招き猫.JPG
彼は研究員だと稼ぎが少ない事を理由にタクシー運転手になりましたが、その願望がここで現れているのかなぁと思いました。(数回登場して手をゆらゆらさせています。)
あ、あまり恐ろしくないパニック映像ももちろんありましたよ。あせあせ(飛び散る汗)


それでは、次回は本命の「ビッグ・バグズ・パニック」の感想でも書ければと・・・。















posted by Guckmov at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞−SUSPENSE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。