2011年01月31日

★★★★☆ バベル/多くの問題をはらんだ世界の「希望」とは

スマイルBEST バベル スタンダード・エディション [DVD] / ブラッド・ピット, ケイト・ブランシェット, ガエル・ガルシア・ベルナル, 役所広司, 菊地凛子 (出演); アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ (監督)





どこもかしこも大変な事はある
でもみんな未来へと生きている
悲しみも、後悔も、逆らえない運命全て受け止めて
「悪い人間じゃない。愚かな事をしただけだ。」と


サザエさんをワンセグケータイで見てる家族の隣で見るにはあまりにも痛切な人間ドラマでした。アカデミー賞で話題になった時、個人的にはそれどころじゃない、っていうか、のんきな世間の流れに殺気立っていた頃でもあり、たぶん今思い出してもその時見ていたら絶対動揺していた映画だったと思う。逆に言えばそれだけ核心を突いていたって事でむかっ(怒り)。それから時が過ぎて、私の状況も若干穏やかになっており、偶然スカパーでやっていた本作が目に付いて思いがけず最後まで見てしまいました。

ブラピが出てて菊池凛子さんがアカデミー賞ノミネート、いくつかのエピソードが交差する、その程度の知識しかなく、あまり興味をそそるようなものでもなかったので、今回のようにたまたま見る機会がなかったらずっと見なかったと思いますたらーっ(汗)。なので、つけっぱなしにして家事していた最初の数分くらいはスルーしておりました。菊池さんと役所さんが出る日本のシーンになってから、ちょっと気になり始めそこからぐいぐいと引き込まれる予想がつかない展開!

モロッコでの二組の物語と日本とメキシコとそれぞれの物語の中であるキーワードがある瞬間に繋がり、そこで初めて全体的な物語が完成する。私は途中から「これは子供がテーマの映画」だなぁと思って見ておりましたが、本編終了後、エンドロールの直前に監督の「我が子へ・・・」云々の文字が出た時は、頭の中に「ビンゴ!」の文字が浮かび上がりました。
それにしてもタイトルの「バベル」という言葉の意味を紐解く、というにはいささか強引、というか、自分と同じ人間を描いといてそれはないんじゃないか、という少し残念な意味が過ぎたので★4つ。(その「旧約聖書」の印象が一人歩きして評価を損しているのも結構あるんではないかと思う。特に宗教に馴染みが薄い日本にしてみれば)

いろんなところでいろんな課題を散りばめており、それぞれ思い出すのはちょっと難しいですが思い出せるところだけでも

・一人の不運に対して全体の忍耐を強制する事
・土着意識をもつまでになった不法滞在
・子供の過ちと社会情勢からくる偏った憶測
・リスクを持って生きるものの葛藤に対する受け皿

詳しく書くとネタバレになりそうなのでこれ以上は書けませんが、それらが非常にすばらしく膨らんで、更なるキーアイテムもふんだんに盛り込み、そこから派生するいろんな問題を包括していると感じました。ただそのキーアイテムがあまりにも刺激的な為伝わりにくくなっているのもあるかなぁとも思います。例えば菊池凛子さん演じる高校生のある種の葛藤を「裸」で表現していたり、現実的でない「銃」という武器が簡単に行き交いしていたり、それが現実的な地域があるのがまたリアルなんですが、話が膨らみすぎて細部まで想像力を及ばすには相当エネルギーを使うかなぁあせあせ(飛び散る汗)と思います。
(私的にはこのところ気になるペドロ・アルモドバル監督作品で印象付けたガエル・ガルシア・ベルナムが出てるだけで何かあるんじゃないかとミーハー心揺れるハートに火をつけられたりして、ちょっと集中できなくなったり。今思えばこのキャスティングでなくても・・・と思ったり。でもメキシコエピソードの華にはなったかな。とか余計な事をいちいち考える訳です。)

ただせっかく世界の中の日本として取り上げられているのだから、それだけをフォーカスするとして、様々な角度から問題提起している部分を謙虚に受け止めてみたい。
(でもよくよく考えるとその他の国も状況が解らないながら、勝手に印象付けられる部分もあり、逆にそういう風に見られるのかと思うと多少違和感を感じるものもない訳でもない)
・平和過ぎ・経済成長の果て・閉鎖的社会性
とか外国人の立場から言いたいのかなぁ。
でも全て繋がっているからこそ何かに責任を特定したい訳ではなく(できない)、全て容認するとしてじゃあ何が希望か、と言ったらやっぱり「子供」の存在になる、という事ではないかなと。
そんな事をたくさんたくさん考えながらちっ(怒った顔)エンドロールを眺めようとしていたところ、突然サザエさんにチャンネルを変えられてしまいまして、「お母さんには映画を見る自由もないのか!!」と逆切れしたら「お腹すいた」と言われ、またここでも我が子の為ならと、サザエさんのエンディングテーマに摩り替わってしまったテレビの音をBGMに、キッチンに立ったりする現実でした。。。








バベル-オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / グスタボ・サンタオラージャ, 坂本龍一, ノーテック・コレクティヴ (演奏) (CD - 2007)
バベル-オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / グスタボ・サンタオラージャ, 坂本龍一, ノーテック・コレクティヴ (演奏) (CD - 2007)




koziol トレー "BABELL XS" ホワイト KZ3181-525 / Koziol(コジオル)
koziol トレー "BABELL XS" ホワイト KZ3181-525 / Koziol(コジオル)
posted by Guckmov at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞−LOVE&DRAMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

★★★★☆劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー ディレクターズカット版/集結した力に涙





こんなにかっこよく大集結されたら
イカでビール(イカデビル)もどっかんと


遂にこの映画の感想を書いてしまう事になりましたたらーっ(汗)。私的には絶対あり得ないと思っておりましたが、このところどたばたと家の中を走り回っているチビライダーが喜ぶもので、自分の見たいものが全然見れていない!だから聞き流して終わる映画ばかり。でもこの劇場版はちょっとマジで打たれてしまいました。感極まっちゃったから書いちゃうよ、もう。ペン(仮面ライダーシリーズは見た事ないので詳しいところは全くよく解りません。なので、これを単体の映画として普通に鑑賞した側からの感想です。)

仮面ライダーディケイドの兄をもつ妹が待つ家が最後のキーポイントとなるストーリー。パラレルワールドを旅して自分の世界を探すディケイドはどこにも居場所がないと感じ、その中の一番になろうとたくらむも、真の悪が忍び寄り「そんな私欲だけでいいのか、このやろうパンチ」的な戒めを受けながら、最後にはその全ての世界のライダー達の助けを借りて勝利を掴む。

たまたま目にしたシーンが勢揃いした、若干の懐かしさも感じなくもなかった歴代ライダー達がGメンみたいに重々しく横に並んでこちら側に向かって来る登場場面だったので「!!!!どんっ(衝撃)」な感じで見入っておりましが、そこから最後まで見てしまい、それからまた初めから、という具合で鑑賞しました。
今思い出してもすごかったなぁと込み上がってくるのが一番最後のライダーキック。ディケイドの技の出し方の特徴でカードを突き破る、という演出がありますが、それが登場した時「幻魔大戦」や「里見八犬伝」で受けたチームワークの力というか、なんかそれが超印象的だったのに似たようなものがあり、世代を超えた思いをあの一撃で叶えたような達成感で、テレビの画面が炸裂しそうな勢いを感じました。
その後クールに去って行く歴代仮面ライダー達。仮面ライダーアマゾンがあんなにスティッチドコモポイントっぽかったのかと驚きましたがあせあせ(飛び散る汗)この映画の魅力はさり気なくかっこいい単語の組み合わせ方が絶妙な脚本にもあるような気がします。(映画というか仮面ライダーそのものって事なのかな)仮面ライダーWの決めセリフ「お前の罪を数えろ」とかディケイドの「通りすがりの仮面ライダーだ」とか。(モモタロスの去り際でなぜかデーモン閣下を思い出したりとか・・・)ライダー初心者なので当たり前のものにただ反応しているだけかもしれませんが。

でも先入観なしでも一番良かったと思えたのがディケイドの「妹」の存在。こういったのに登場する女性ってのはもうステレオタイプだったりすると思ってたんですが、登場のところから最後のオチとして結び付けられている、この重要ポジションへのもっていき方には、この映画の意図を感じて「何か違う」と思わざるを得ないものがありました。全体的には誰が誰だかよく解らない「トランスフォーマー」を見た時と同じような混乱があり、正直ストーリーは完全には追い切れませんでしたが、この初めと終わりだけで女子が見てもGOODかわいいな映画だと思います。

ちなみに最近GACKTが歌うディケイドの主題歌を、何度も何度も何度も何度も・・・(ジ★エンドレス!!!!)車で流さずにはいられない状況でおりますが「10度目に立ち上がったその時に〜」という歌詞を聴いていつも「なんで10なんだ?」と思っておりましたところ、その答えが解りました。平成ライダー10周年だからだったんですね。

教えてgoo!平成仮面ライダーについての疑問←






↓4月に公開の映画公式HP→「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」←















posted by Guckmov at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞−ACTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。