2009年01月12日

★★★☆☆ハービー機械じかけのキューピッド/やっぱりリンジーはかわいい



レズビアンだろうが酔っ払って車ぶつけようが、どんなにゴシップ女優であってもやっぱりかわいい黒ハートリンジー・ローハン。天使のような無邪気な笑顔がちらっと見えたりすると、子役で出てた映画の頃と何も変わらない、正真正銘のあのリンジーなんだなぁと改めて感じました。んで不思議な事に、天使は周りに与える力をもっているのか、そんなにイケてるわけでもない脇役の役者達が見れば見るほどかっこよく、かわいくみえてくる。ジャスティン・ロングなんか「ジーパーズ・クリーパーズ」の印象しかなかったけど(ダイハード4.0も見なきゃふらふらたらーっ(汗))絶対コメディの方がいい!全くかっこいいと思ってなかった(むしろその逆)のについつい見入ってしまいました。これはやっぱりリンジーパワー!だけどベテラン、マット・ディロンマイケル・キートンだけは有名子役上がりお騒がせ女優に引き気味。。。(もちろん役は完璧にはまってたけど車(セダン)

んで肝心なのが、レーシングカー、ワーゲンのハービーが主役の映画なんで一応カーアクションが見ものな訳で、ひっくり返ったり意外なところを走行したりとゆいどんの絶賛指数は高かったです。ただ車に意志を持たせるならもう少し目の表情を解りやすくして欲しかった。子供が感情移入するには少し物足りない気がしたけど、オリジナル(→YouTube動画リンク←)との兼ね合いがあったらそう過度な演出はできなかったのかも。
あと★を稼いだのが挿入歌。70〜80年代ハードロックやオールディーズ風の雰囲気があったりとサントラだけでもおもしろそうです。

でもなんだかんだ言ってもこの映画はやっぱリンジー。これに尽きる。。。わーい(嬉しい顔)

ところで全く関係ないけど、マット・ディロン世代繋がり(アウトサイダー)って事ですい臓がん闘病中のパトリック・スウェイジ入院したらしいです。。。もうやだ〜(悲しい顔)頼むから無事生きて退院してくれ!!!と祈るしかない。



posted by Guckmov at 01:40 | TrackBack(0) | 映画鑑賞−ANIME&DISNEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112484237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。