2010年02月08日

★★★★☆アバター/いろんな見方ができますが総合的にSF&人間ドラマとして

見てしまいました手(グー)。アバター。
(→アバター公式HP←)
大抵見る映画を決める時は予告編で確信するんですが
アバターに限ってはどこでどんな予告編を何度見ようとも
全然見たい気が起きなかった。実はふらふら
しかし興行収入が「タイタニック」超えとか
アカデミー賞ノミネートの数の多さなど
ここに来てまた話題が復活していたり
TOHOの入場料1000円年賀状キャンペーンの期限ダッシュ(走り出すさま)
2月末日が迫っているのもあって
(→TOHOシネマズお年玉プレゼントキャペーン←)
悔しいけど遂に見る決意をしてしまいました。
どんだけ3Dなんだか見てみようじゃないのカチンコ!!!
私は「ハンナ・モンタナ ザ・コンサート3D」で3Dは体験済みですが
(過去記事→★★★★☆ハンナ・モンタナ ザ・コンサート3D/臨場感の完勝!!←)
その時は通常の入場料1800円+3D料金500円で鑑賞。
今回3D用メガネ眼鏡持参のゆいどんも合わせて家族全員の料金を足しても
その時の一人分の料金とほぼ変わらずで手(チョキ)
お手ごろ価格になったもんだ、とまずはそこで感動してしまいました。
ま、それでも3D分の追加料金は加算されてるんで
2Dのタイタニックと興行収入を比較してもらいたくはないんだけど・・・。
(人生でbP映画の座を誇る「タイタニック」が
 やたらひっぱり出されるのがどうも気に食わないがんこ女の独り言ドコモ提供

どうやら3Dが相当すごいらしいハートたち(複数ハート)。って。
ハンナ・モンタナコンサートでは確かスクリーン会場からドラムスティックが飛んできたぞ。
フィナーレではステージから散りばめられた紙吹雪の中に私自身いたような。
って事は、ものすごい3Dってのは
この雄大なファンタジーワールドの中に入り込めるって事?
触れるくらいすぐ間近で鳥が飛んだり、岩肌を触れそうな感覚?
わくわく。。。ぴかぴか(新しい)
そこまで期待しました。相当すごいらしいんで。
・・・しかし、やはり今の3Dの限界なのか
立体感があるのはスクリーンのあっち側でこっち側に飛び出してくるものではなく
そういう意味でのドッキリ感はハンナ・モンタナの方が上だったバッド(下向き矢印)
あれだけ大きなスクリーンで引きの壮大な景色を映し出せば2Dでも全然素晴らしい。
途中メガネ外しちゃったけど発色も自然でこっちの方が良かった。
(メガネは色がついてて見てるものがサングラス風の色合いになる)
でも遠くの景色が3D用にダブってて目が悪くなりそうだったので仕方なくふらふらメガネつけたけど。
後、3Dで絶対いただけないと気付いたのが動きの早いアクションシーン。
被写体が比較的まとまっている格闘シーンならまだ許容範囲だけど
飛びながらとか走りながらとか、そういうのは気持ち悪くてしょうがない。
だからあまりにも長い上映時間の合間をぬってトイレに行ったら
劇場入り口の吐しゃ物を必死で片付けているスタッフを見つけたりするのよがく〜(落胆した顔)
戻って来た時もいろんなグッズを使って至難の業を駆使してましたが
席についた私の鼻に残響する独特の香りが気になっておもわずもらいゲロしそうでしたちっ(怒った顔)

そんな訳で映像は3Dよりも映像そのものの素晴らしさに感激。
というかあれだけのオリジナルの世界を創り上げられる創造力がすごいと思いました。
ところどころに感じる細部への完璧なこだわりはもう職人技!!
独特なクリーチャーの色彩や見せ方なんかは
「ジュラシック・パーク」の進化版かも。
当時大変話題になった架空動物との共演を実現させた
CGと実写のコラボレートの驚異的な感動を思い出しましたが
この作品でも境目が全く解らず
本当にそれが存在する生物のような感覚になり圧巻でした。
後、ジェームズ・キャメロンはどっちかというとSFオタクのイメージなので
まさに適任ともいえるシガニー・ウィーバーの起用は
2の監督もした「エイリアン」シリーズで
利用されるだけの存在になってしまったリプリーに救いを与えたような
気の利いたひらめき出演になっていたと思うし
無名俳優サム・ワーシントンの主役起用は
監督の出世作となった「ターミネーター」のマイケル・ビーンを思わせます。
出演俳優を一躍有名人にしてしまう人を見る目っていうのは確かなもので
たぶんマイケル・ビーンを超えるんではないかと思いますがグッド(上向き矢印)
それと個人的に大好きなミシェル・ロドリゲスは本当にアクション女優として唯一無二。
どこか色気を意識したミラ・ジョボビッチや
フィギュア系セクシー路線のアンジェリーナ・ジョリーには絶対マネできない
変に野郎っぽい「男のような女」ともまた違った
女なんだけど確実に強い独特の雰囲気を醸し出しています。
そのセリフ一言、その表情ひとつから実に温かみのある
愛らしさと優しさが溢れ出ているのになぜか強いパンチ
(でもゴシップで知る限り私生活はやはりかなりおてんばみたいだけどあせあせ(飛び散る汗)

物語に関して言えば本質を言うと相当スピリチュアルな世界になるので
賛否両論だと思いますが
私自身ベタベタなラブストーリーが好みなので黒ハート
超ハイテクSF世紀の説明から究極のホームステイへ流れ
そして潜入捜査官的サスペンスを経て禁じられた愛を育み
「戦国自衛隊」風戦争映画に突入していく
いろんなジャンルの要素が混ざったこの映画では
「愛」の部分に肩入れをして★4つにしました。
愛は世界を救う。そう信じたい。
でも「愛」と言う名の「武器」が必要になるかどうかは
人類が生涯抱える課題なのかなぁと思います。
欲が全くなくなれば自然と同化できるんだろうけど
ナヴィ族だってきっと弓矢よりも強い武器があると知ったら
それをいつか「欲しい」と思うんじゃないだろうか。
人間である限り彼らのようになる事はできないと思いますが
後の救世主となる主人公と初めて出会った時
「あなたは赤ちゃんのよう」と何度も言った
その言葉の深さには今思い出しても唸るものがあります。

↓レオナ・ルイスが主題歌を。
 しかしあまりにも気持ち悪く
 早く劇場を出たくてちゃんと聴けませんでした。
 シガニー・ウィーバーのアバターはかわいかった。



エイリアン2 (完全版2枚組) [DVD]

エイリアン2 (完全版2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




ターミネーター (2枚組) [DVD]

ターミネーター (2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




アビス 完全版 [DVD]

アビス 完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




タイタニック アルティメット・エディション [DVD]

タイタニック アルティメット・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




ジェームズ・キャメロン DVDコレクションBOX

ジェームズ・キャメロン DVDコレクションBOX

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



posted by Guckmov at 15:00 | TrackBack(0) | 映画鑑賞−LOVE&DRAMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。