2011年03月08日

第83回アカデミー賞授賞式を見た

昨年スルーしてしまったのを一年間ずっと引きずったまま、何かとその話題が出るたびに見れなかった状況を悔やんで参りましたが、今年はちゃんと最初から最後まで見れました。やたー手(グー)。今年はこれと言って印象的なものはなく。。。

第81回アカデミー賞受賞式WOWWOW公式サイト
「ザ・ファイター」で助演女優賞を受賞したメリッサ・レオが一番印象的でした。信じられない、というように周りを見渡して、ありありと感情を表す表情が本当にリアルで、女優さんだからこそ、演技じゃない顔が見れるとこちらもどきどきしてしまいます。揺れるハート同じ映画で助演男優賞を受賞したクリスチャン・ベールもいつか受賞して欲しいと思っていた俳優の一人でしたが、彼らしい役者魂漲る姿を見せつけられて、こちらは思ってた通りな感じ。そういう意味では「ブラック・スワン」で主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマンも優等生風な女優さんのコメントで、「英国王のスピーチ」で主演男優賞主を受賞したコリン・ファースもそれらしいユーモアで安心して笑えるスピーチ。こうやって挙げるとこれだけ予定調和的で何のエンターテイメント性もないアカデミー賞もある意味珍しいというか、今回低視聴率になったのも解る気がする。2年前ヒュー・ジャックマンのミュージカル風司会で度肝を抜かし最高潮に盛り上げてくれた以前の、低調だった時期を思わすような。
監督賞は「英国王のスピーチ」のトム・フーパー。トビー・フーパーじゃないから、よく解りません。後、作品賞も「英国王のスピーチ」で、少し心配していたのがほっとしました。なんかぶくぶくと海の向こう側であぶくの山が見えそうな気がしていたんですが、なんか平和って無難、みたいな。ちょっと拍子抜けでもあったけど。ただでさえ「ネット革命」とか言っていろんな血が今世界では流れてますしね。勇み足でお祭り騒ぎしちゃいけない気もします。現時点では。

それにしても、見ごたえがなかった今年のアカデミー賞。本国圏外の人間としてはチャンネルを購入してわざわざ生中継を見る訳で、ショー番組という視点であえて言うならば、やっぱ司会者って肝だなぁと改めて思いました。特にビリー・クリスタルが登場した時は自分がコメディアンに憧れたきっかけなんかを彼独特の空気をかもし出しながら話しているのをみると、もう懐かしいというか、何と言うか。そう言えば私が思ってたイメージって、観客を飽きさせないように合間合間にウーピー・ゴールドバーグのような司会者がジョークを織り交ぜて楽しく進行していく番組。そういう司会のショー番組を期待するなら、いつかサンドラ・ブロックが一人で仕切っているアカデミー賞も見てみたい感じです。もちろん、ヒュー・ジャックマンにまた一肌脱いでもらいたい思いもありますが、司会業が先でも困ると思うので。。。
そんな訳で特筆すべき事があまり思い当たらず、とりあえず記録という意味で書かなきゃと思っておりました。来年にまた期待です!ビバ、ミーハーハートたち(複数ハート)

↓Youtubeで埋め込みNGのOscar公式動画がありましたのでリンクをば。
Billy Crystal.jpg


↓一緒にみつけた2年前のアカデミー賞。
 ひとつの賞に過去に受賞したプレゼンターが5人出てきたのも超感動しました。
81Academy Awards.jpg


見てみたいと思った映画

↓純白の野心はやがて漆黒の狂気に変わる・・・
 ブラック・スワン予告編→公式HP


↓断崖に挟まれた一人の青年の究極の決断!
 127時間予告編→公式HP














スパイダーマン 3 ニューゴブリン スタチュー

スパイダーマン 3 ニューゴブリン スタチュー
価格:17,000円(税込、送料別)




posted by Guckmov at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

12月公開!奇跡のドキュメンタリー映画「牛の鈴音」

鈴の音がずっと鳴り響いている
ドキュメンタリー映画の公式サイトで予告編を見ましたカチンコ
老いた農夫と一頭の牛の暮らしを見つめた
牛の鈴音」というドキュメンタリー映画。
(→「牛の鈴音」公式サイト←)
チリン、チリンと
何だかお坊さんでも横を通過しているのかと思うような
どことなく神妙で寂しげな音。
この音が聞こえている限り続いている事、
この音が止んだ時起こる事。
そういえば時計の秒針を刻む音にも似ているのかもしれない。



この映画はおじいさんと牛とおばあさんの農家の暮らしを
とにかく淡々と映し出したものらしい。
「ナレーションなし」「大きな事件なし」
「政治的メッセージなし」「美しくカッコイイ若者なし」
とないないづくしの退屈極まりなさそうな内容ではあるけど
実はそう見えて既に最初から奇跡は起こっていて
普通15年しか生きない牛が40年生きていたり
60年以上も連れ添った夫婦が同じ日常を繰り返して過ごしていたり
ただの娯楽映画ならそれがエンディングになっていそうな設定。
そして、この映画はそこから始まっているという訳で
奇跡のその先を描いたドキュメンタリーのように思いますひらめき

時間を奪い合って消費しなければならない多忙な現代にとって
同じ日々の繰り返しというのはどのような気の持ちようであるのか
牛を命がけで愛して、その愛した牛のどのような寿命を見るのか
おじいさんと牛の間で日々を見つめるおばあさんは
どのように感じているのか。
何気ない四季の移り変わりと同じように経る日常生活の
当たり前すぎて見えない心の躍動を静かに浮かび上がらせ
それが累計約300万人動員という驚異的な記録を
韓国本国で打ち出した理由なんじゃないかと予測していますが
ド派手パンチな描写、奇想天外なストーリー爆弾展開に慣れた
今時の一般的な映画鑑賞者である私を
「ペットの生死」という動物ドラマにありがちなテーマ以外のところで
土臭い心の深部から揺り動かしてくれそうな予告編でした。
12月ロードショーとの事で今から楽しみにしていますぴかぴか(新しい)


↓「牛の鈴音」予告編




↓おじいさん&おばあさんメインのお話で思い浮かぶもの・・・
 「君読む」は人生のバイブルです。


ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD]

ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD






コクーン [DVD]

コクーン [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD






きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • メディア: DVD



posted by Guckmov at 01:19 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

今年のアカデミー賞授賞式総評

アカデミー賞授賞式はエンターテイメントショー番組として本当によくできていると思うし、見る度に感動していました。でも、このところは思い出してみると見てなかった。菊地凛子さんが助演女優賞でノミネートされた時も、浅野忠信さんが主演した映画が外国語映画賞でノミネートされた時も・・・。ふらふらデンゼル・ワシントンハル・ベリーが黒人ダブル主演とったのが最後。って事は渡辺謙さんの助演男優賞ノミネートの時か?
なんて思い出してるとごっちゃになってくるので調べてみました。エイドリアン・ブロディのやっちゃったディープキス(がく〜(落胆した顔)あちゃ〜って感じだった)までは覚えているので恐らく2003年授賞式以降はあまり興味なくなってしまってたみたい。(黒人ダブル主演受賞は2001年で、渡辺謙さんノミネートは2003年。特に2006年以降は受賞者見ても全然思い入れがない・・・。ちなみに菊地凛子さんは2007年、浅野忠信さんは2008年。)

たぶんアカデミー賞人気が低迷していた中、私のような人はたくさんいたんではないかと思いますが、今年のアカデミー賞は違いました!本当に見ごたえがあったし、随所に見せ所があって(ゴシップネタ含め。目が笑っていないジェニファー・アニストンと余裕綽々のブラピ&ジョリーカップルや舞台でも始終見詰め合っていた揺れるハートザック&ヴァネッサカップルベン・スティラーホアキン・フェニックス引退宣言物まね等々わーい(嬉しい顔))、ヒュー・ジャックマンがあんなにエンターテイナーだったのも驚いたし(プレゼンターでウーピーが出てきた時は掛け合いを期待した分尼さんネタでちょっと笑いをとっただけだったのでがっかりバッド(下向き矢印)アン・ハサウェイのノミネートは正直疑問だったけどヒューとの掛け合いで実力を秘めた人なんだと解り納得グッド(上向き矢印)。ジュリア・ロバーツっぽくなりそう。ぴかぴか(新しい))過去の受賞者5人が今年のノミネート者5人それぞれを紹介したプレゼンターの顔ぶれが本当に圧巻で食い入って見てしまう程でした。(ソフィア・ローレンメリル・ストリープにケンカを売っているようにしか見えなくて怖かった・・・たらーっ(汗)

そして今年の印象を決定付けたのがやはりもっくん!「おくりびと」受賞で気分最高潮でした。それと好きな女優ケイト・ウィンスレットが悲願の受賞で彼女の素晴らしい人柄が十分に伝わるスピーチに感動しました。後、ショーン・ペンの受賞は社会的メッセージを含んだスピーチがお約束。やはりアカデミー賞は同性愛的な問題には関心が高い(過去のボーイズ・ドント・クライブロークバック・マウンテン等々)んだなぁと思いました。んで、助演男優賞受賞のヒース・レジャーもうやだ〜(悲しい顔)本当に残念でならない気持ちでいっぱいだったのですが、クィーン・ラティファの熱唱で昨年ご逝去された方を追悼していた時、ロイ・シャイダーが亡くなっていた事を知り驚きました。調べたところヒースの時期とダブってたみたい。その時期というとブラッド・レンフロも25才という若さで亡くなっていますが、それは全然触れられてなかったのでどの辺りで線引きしているのか気になりました。(バーニー・マックが最初に出てきてましたが、彼が亡くなった為に「オーシャンズ〜」の続編はないらしい。。。)

日本人の絡みはなくても何となく気になるアカデミー賞。来年もどうかわくわくさせる仕掛けを練ってまた楽しませてもらえると嬉しいです。期待してしまいます!!!

↓どんな名作であろうとも、見たという記憶だけ残ってて内容(エンディング)はさっぱり覚えていないものも多い。どんなジャンルであろうとも少しでも多く心に残る映画と出会いたい

posted by Guckmov at 13:00 | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

13日の金曜日リメイクって。。。

世界のあちこちでテロが起きている昨今現実の方が怖すぎて、今頃マジなリメイクはどうかって感じがするんだけど、予告編みたらやっぱ結構どきどきして怖い。どうせなら笑えるシリーズ最新作の方がネタにしやすいんだけどなぁ。。。たらーっ(汗)ちなみに前売り券には紙のホッケーマスク付いてくるらしいです。。。犬これは笑える。わーい(嬉しい顔)

↓2009年2月13日より全国公開



見たくてしょうがないんだけど、子供と一緒ではなかなか見れない「13日の金曜日」。実は「1」〜「6」&「8」所有してて「1」〜「4」は秀作だと思ってまして番外編の「5」も何気に佳作だと高評価だったりしてます。「6」以降は・・・。パンチ別次元の見方しないといけないおもしろさです。今見たらまた違った感想になる気がするんですが・・・。(「テキサス・チェーンソー」とか「悪魔のいけにえ」系は昔っからNG。でも「2」はもってる・・・)

最近のでいったらやっぱり「SAW」シリーズがおもしろい!「」できちんと完結してほしいのに、何だか後継者がいるみたいで・・・。でもやっぱジグゾウ本人でなくてはだめだ、みたいな終わり方がいいけど、ジェイソンみたいに雷の電気ショックで生き返ったりしたらまた別次元に行ってしまう。「SAW」はストーリーの展開が本当に見事で、恐ろしい映像よりもストーリーに興味が湧くどちらかというとサスペンス系。「5」を見る前にまた「1」から見直してみたいと思わせる展開なのが憎いところですが、やはり現状では落ち着いて見れず。。。「1」でジグゾウが蘇るサントラ曲(ハロー・ゼップ→YouTube試聴リンク←)だけは手に入れたいなぁ、なんて思ってます。

posted by Guckmov at 01:04 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

なんとなく今の邦画を考えてみた

最近CMやエンタメニュースなどを見てふと思った。何だかこのところ邦画は「命」関係が多くない?私が勝手に反応しているだけかもしれないけど、思いつく限りあげてみようと思う。

Life〜天国で君に逢えたら(2007年8月公開)
38歳でガンのため他界したプロウィンドサーファー、故・飯島夏樹のエッセイ「天国で君に逢えたら」「ガンに生かされて」を基に映画化した感動作。

象の背中(2007年10月公開)
突然、末期の肺がんで余命半年を宣告された48歳の藤山幸弘は、残された時間をどう生きるか選択を迫られる。

おくりびと(2008年9月公開)
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。

その日のまえに(2008年11月公開)
育ち盛りの2人の息子を持つ健大の妻とし子は、突然病に倒れ余命を宣告される。“明日”を断ち切られた健大は、とし子とともに「その日」に向けて、残り少ない日々を工夫しながら一所懸命生きていく―。そこに交錯する様ざまな人びとの、様ざまな「生」と「死」。「その日」までを 「その日」のあとを どう生きるか?

余命(2009年2月公開)
がんの治療と出産のはざまで葛藤(かっとう)する外科医と、その夫を描く珠玉の人間ドラマ。

ストーリーに絡めて登場人物の誰かが死んでしまうとか、誰かの「死」について語るストーリーとか、範囲を広げれば不変のテーマだけにきりがないのだけど、これらは命そのものに焦点を当てた映画みたいに感じます。
戦争のようにその時代に否応なく受け入れざるを得ない死や、加齢による迫り来る死期ではなく、この裕福な時代に不運にも思いがけず遭遇してしまう「死」。それに対して「生きるか」「死ぬか」の選択ではなく「いつか死ぬのならどう生きるか」と問いかける作品。

残念ながら私は未公開作品を除き、どれも見た事ないです・・・。
ドキュメンタリータッチな邦画と言えば、最近薬物誤飲騒動を起こした柳楽君が初主演した「誰も知らない」を思い出しますが、淡々ととんでもない方向に物語が運び、淡々と終わっていくストーリーが未だ忘れられずいろんな意味で衝撃的でした。(タランティーノが好きそうだ。)でも、これは自分にとってどれだけリアルか、というとやはり映画の中だから客観視できた訳でエンターテイメントとしては秀作だと思います。また「命」でいうなら私は「ゴースト」や「タイタニック」が大好きなんですが、女性主人公に感情移入して自分の元を去っていく愛する人を思って一緒に涙を流す。最近では「きみに読む物語」で奇跡的な夫婦揃ってのご逝去に感銘を受けましたが、この話はトリッキングなストーリー展開もよかったです。
そんな訳で私にとって映画はエンターテイメントでしかないので、病気との闘いや人間の一生の内で避けられない「死」そのものをテーマにした作品はリアルすぎて遠慮してしまうんですが、いつかテレビとかで見る機会が訪れたらそっとチャンネル変えずに見てしまうかもしれない。

老後の余暇を持て余す団塊世代に向けてのメッセージ。
自ら命を絶つ選択を拒まない若い世代に向けてのメッセージ。
いずれにしても見たいという人がいるから作られるのだろけど、人生観を変える運命的な出会いではなく、「命」のテーマでさえ単なるその場しのぎの現実逃避エンターテイメントにはならないように。。。と思います。

↓「生」と「死」を考えるならシンプルが1番。この2つの絵本は子供にも読ませたい作品です。
posted by Guckmov at 12:45 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

アメリカの景気悪化の影響が遂にこんなところにも・・・

アカデミー賞、今年はストライキで盛り上がりに欠けてしまいましたが(これもある意味景気悪化の事象のひとつかも)来年は更にピンチになりそうです。

受賞ひとつで巨大な資産を稼いでしまう、アメリカンドリームの象徴とも言えるハリウッド映画業界の最も大きな行事の一つがとうとう縮小になるのかしら。。。景気悪化のせいで宣伝に力が入れられないらしいんです。そのせいで封切り先延ばしになる映画も出てきてるらしいんです。(まずは小粒作品から煽りを受けるとの事で、世の中悪い方向に行くとまず力の弱いところが痛い目を見るのはこの業界も同じみたいです。)授賞式の中継中流れるCMにも映画のCMは入れない(不公平を無くすため)規定があったらしいんですが、それもとっぱらってCM広告代をとらないとやっていけない、というニュースは以前知りましたが・・・。

やはりアメリカ経済はどんどん後退してしまうのかなぁ。アメリカという国の繁栄自体がアメリカンドリームだった、となる日が来るかもしれない。ハリウッド俳優達は海外逃亡してしまうのか、それともドラマにシフトするのか。日本としてはキャメロン・ディアスやブラピのソフトバンクのCMみたいのが増えるんだったらウェルカム、ウェルカム!!今の80年代ブームを取り入れて、返り咲き系(と私が勝手に括っている)マット・ディロンミッキー・ローク(整形後の顔がどうも見慣れない・・・ふらふら)、ジェニファー・コネリーダイアン・レインなんかが国産車や装飾品のCMなんかに出てくれるといいなぁ、なんて勝手に夢想して喜んでます。ドコモポイントドコモポイントドコモポイント

それよりも日本は大丈夫なのか?!

↓ヤフーニュースより。景気悪化でオスカー戦線に異常あり!宣伝広告削減で小粒の作品ピンチ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081029-00000014-flix-movi

↓左→右へ生まれ変わったミッキー・ローク。特殊メイクじゃないよ。
mr.JPG
posted by Guckmov at 13:24 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。