2011年02月14日

★★★★☆インセプション/「もう十分」の境地はここまで人を追い詰める。果てしなく続く夢の奥の奥の奥の・・・

インセプション [DVD] / レオナルド・ディカプリオ, 渡辺謙, ジョセフ・ゴードン=レヴィット, マリオン・コティヤール, エレン・ペイジ (出演); クリストファー・ノーラン (監督)



レオをインセプションされてから
どこかしこに レオの投影が映る
私はこれからどう生きていけばいいの


・・・↑勝手にしろって感じですがあせあせ(飛び散る汗)
昨晩見て、もう、頭の中レオだらけで感想を書こうと思っても1エントリ全部「レオ」の二文字だけで終わってしまいそうだったので日を改めて落ち着いてからもう一度、っと。

前からやりたくてやりたくてしょうがなかったiTuneでのビデオレンタル。ダウンロードボタンをぽちっとな。ってこのマシンでは時間がかかり過ぎな感じでした。もっとぽちっ、さくっと見れるのかと思った。30分も待ったらレンタルビデオ店まで往復できちゃうぞ。でも一度試してみたかったので、かちゃかちゃしながら待ってましたが(ってもしかしたら別の事やってるから遅いの?)視聴制限は見始めてから24(もしくは48)時間以内だったら何度でも見てもOK!その代わりそのチャンスは30日の間だけ、との事。

そんな訳で、とにかくアカデミー発表までには見なきゃいけない手(グー)、と都合のいい時間帯を見計らって視聴開始!画像が時々ノイズでがびがびになった時もあったけどとりあえずヘッドフォン音も問題なし。この小さなモニターでは一人でしか見れないってのが今のところの難点です。
久しぶりに自分が見たかった映画が見れるというのは本当に幸せぴかぴか(新しい)。わくわくどきどきしながらオープニングから見ていると、もう、速攻レオ!で、主役だから当たり前だけど、興奮バロメーターがいきなり最大計測量を超えてしまう訳です。爆発でイスが吹っ飛んで部屋の窓を突き破る訳です爆弾
・・・はい、そんなミーハー中継はとりあえずおいといてドコモポイント
夢の中からアイデアを盗む。言いたい事は何となく解る気がするけれどどうやって映像化するの?いずれにしてもその発想がちょっとチンケ(←死後?)な感じがする。
この映画を楽しむ為にはこの複雑な設定を説明しなくてはいけない義務があるので、とにかく同じような説明の繰り返しのセリフで、解った?と何度も念を押されて、それからじゃあ行くよ、みたいなもって行き方は途中よく解らなくてどうでもよくなりそうだったけど、後から考えるとそれがよかったのかもしれない。セリフの端々で何度も復習させてくれました。
つまり、そこの基礎が解らないと後の展開がさっぱり意味が解らなくなる。その基礎だけで十分話は結べそうなのに、そこを基本に更に複雑にいろんなエピソードが絡み合っていくと、話が何十倍にも膨れ上がって、果てしなく続きそうになるのだけど、結局絡めれば絡める程にシンプルになっていく、という何とも摩訶不思議な感覚が残りました。
カギは夢の中の夢。の中の夢。の中の夢。の中の・・・と続いていく、本編でも始めの方にヒントが出されましたが、鏡に映った鏡に自分を映すといくつもの自分が連なって向こう側にどんどん広がっていく。でも元を辿れば一人の自分。そういったところでしょうか。語られている解りやすい物語の目的とか、野望とかは、こちらも途中ヒントで出ただまし絵の「見た目」みたいなもので、そのどこかに真意が隠れており、そこが核心となります。といったような伏線や遊び心がたまにチラッと映るところそのものが、また全体的な狙いだったりするのでしょう。
何だかここまで書いてすごく難しい事を言っている気がしてきた。とにかくかなり複雑ふらふら
その辺り「夢」をテーマにしているだけに深層心理の部分は受け取る方の感性次第だと思うのでおいといて、私としては「ダイハード」みたいなアクションが盛り上がっていく程にスケールが大きいのか小さいのかだんだんよく解らなくなってきた部分もあり、若干引き気味になったところもありました。キューブリックばりの映像美がそれ以上に強烈なインパクトを残す。アクションがただのお遊び(息抜き)にしか見えないくらいに。映画だからこそ、映画でしかできないこだわりを見せてもらえたのは本当に感激しました。
いろんな映画を見てきたインセプションされまくりの意識で見るのではなく、10代位のあまり映画を見慣れていない子供達が見たら相当印象的な出会いになる気がする。そういう時期って、こんな映画を見ないとだめよね。ひらめき(自分の頃を思い出しながら・・・)

ちなみにキャストについてはレオが私を常に見つめていてくれた揺れるハートので、なかなか目を外せなかったというのは仕方なかったけど、女優陣がすごく良かった気がしました。マリオン・コティヤールとエレン・ペイジ。前者は真意を解くキーパーソンとして、後者は物語を説明するナビゲーターとして。それ以外にも名優マイケル・ケインの登場や先日惜しくもこの世を去ってしまったピート・ポスルスウェイトなどの映るだけで濃度が一気に増す存在感。その他トム・ベレンジャーとかルーカス・ハースなんか80年代っぽいのもあったりで見る側のバランス感覚を均等にしてくれる完璧なキャスティングだったと思います。個人的には「28日後・・・」が好きだったのでキリアン・マーフィーを一目みてなんか懐かしい友達と再会できたような気持ちになれたのは本当に嬉しかった。

そして最後の終わり方。これがクリストファー・ノーランなんでしょう!!!ニクイ!この発想をここまで大げさな物語に仕立てて、やっちまったけどやっぱオレはオレ、みたいなゾクゾク感大好き!デ・ニーロにも似てきたベビーフェイスが逞しくなったレオも大好き!
ラブがハートingハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)でまたおやすみなさい!!







↓まだ見ていないけどいつか見たいと思ってる映画
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション


ダークナイト 特別版 [DVD] / クリスチャン・ベイル, マイケル・ケイン, ヒース・レジャー, ゲーリー・オールドマン, アーロン・エッカート (出演); クリストファー・ノーラン (監督)

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組) / ジェラール・ドパルデュー, カトリーヌ・アレグレ, パスカル・グレゴリー, エマニュエル・セニエ, マルク・バルベ (出演)

JUNO/ジュノ (特別編) [DVD] / エレン・ペイジ, マイケル・セラ, ジェニファー・ガーナー, ジェイソン・ベイトマン (出演); ジェイソン・ライトマン (監督)
posted by Guckmov at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞−SUSPENSE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

★★☆☆☆バグズ・パニック!/研究熱心の末訪れたパニックに運命的に結ばれた二人が立ち向かう


蜂の大量死について妄想した時に
こういうのを思いついたら
創作活動が楽しくなるかも。
乙女なラブロマンスをスパイスに。


バックストリート・ボーイズ&ニューキッズ・オン・ザ・ブロックのツアーの事を知ってから(音楽ブログ→育児しながら音楽アンテナ←でどぞ)超懐かしいニューキッズで思い出すのはドニー・ウォルバーグくらいで、最近では「SAW」しか思い当たらず、アイスの「爽」を食べたいというのもあって「SAW6」を借りてこようとレンタルDVD行って参りました。

そして手に持って戻ってきたのは「バグズ・パニック!」
(はい、全く関係ありません。ドコモポイント

バグズパニック.JPG

ぽすれん バグズ・パニック!

「SOS!100万匹が大来襲!バグズパニック!」
って本当は「ビッグ・バグズ・パニック」を借りてきたつもりだったのに
間違った・・・。たらーっ(汗)
「マトリックス」の代わりに「アホリックス」を選んでしまったような非常に残念な気持ちになってしまったので、一応見てから後日「ビッグ・バグズ・パニック」を借りてきました。iTuneレンタル初体験しようかとも思ったんですがセルで2000円しかなかったので仕方なく・・・。
という事で「バグズ・パニック!」はスルーしようかとも思ったんですが、なかなかB級にしては、普通にB級だったので、検索してもあまりヒットしないのもあり、結構ニッチなのかと一応感想を書いておく事にします。
★をいくつつけようか非常に迷いましたが、B級色メガネ的には★3つでもよさそうなんだけど、ブログ全体的にダブルスタンダードになってもまとまりがつかないので、2.9って事で2つにしておきました。
大量死する蜂について「蜂が死んだら人間も死ぬ」という事は言われておりますが、たぶんそこからストーリーを導き出したんではないかと。そうだった場合これはシャマランの「ハプニング」の亜流なのかもしれない。(脳内ではここでウォルバーグ兄弟が繋がりましたひらめき。脈略はほとんど全く関係ないけれども)
マッドサイエンティスト系の研究が元で異常な蜂が出現し、蜂に刺された瀕死状態の父を救うべく奔走する女性主人公と元研究員のタクシー運転手との微妙なロマンスハートたち(複数ハート)を楽しみながら閑散とした街の事態を収拾していく、パニックサスペンス。
見方は2つ手(チョキ)
蜂が大量死している事実を軽視していはいけない、というメッセージをこの映画なりの本筋で受け止める。
もう1つはこの二人のロマンスの無理やりな設定にキュンとなる。
どっちかというと後者の方の見方が強くなってしまいましたが、母親を早くに亡くし元々自立心旺盛だった主人公に近付こうとする男性に対して「私は同情される類の女ではない」と言い切ってみせるも、でも運命の赤い糸はいつでも彼らを引き寄せてしまい、彼の上半身裸に遭遇してみたり、二人一緒に転んだら偶然にも重なり合い目を見詰めたままだったり、蜂を追い払う為に必要以上にさわさわしてみたり、車ではなくあえて体が密着するバイクで逃げてみたりと、あぁ、もうこれ少女漫画の世界じゃないか、と内心ドッキドキグッド(上向き矢印)!こういうストーリーだと最後は必ず結ばれる訳ですが、そんな時必ず「スピード」と「スピード2」の
「異常な状況下で結ばれた二人は長続きしない」
を思い出してしまうのは、もう致し方ない。
後、石造りの家や自然の景色も素晴らしく、衣装もすごくかわいかったです。ドイツに行きたくなりました。って話の途中で地図が出てきてたけど全部海に面してたぞ。てな訳でググってみたらこの映画ドイツ映画ですが、舞台はスペインのリゾートアイランド、バレアレス諸島(マジョルカ島)でのお話で、ロケ場所はドイツではないみたいです。

ちなみにもうひとつ注目したのはタクシーの後ろにおかれた黄金招き猫。
招き猫.JPG
彼は研究員だと稼ぎが少ない事を理由にタクシー運転手になりましたが、その願望がここで現れているのかなぁと思いました。(数回登場して手をゆらゆらさせています。)
あ、あまり恐ろしくないパニック映像ももちろんありましたよ。あせあせ(飛び散る汗)


それでは、次回は本命の「ビッグ・バグズ・パニック」の感想でも書ければと・・・。















posted by Guckmov at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞−SUSPENSE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

★★☆☆☆ シャッターアイランド/非常にストレスフルでした


シャッター アイランド  [DVD]

シャッター アイランド [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD






苦手なオレ様ヒロイズムの鑑賞に堪えるのも
愛しのレオ様の迫真の演技だからこそ


レオ主演の話題作「インセプション」がアカデミー作品賞候補になるのか、とか、もうそんな話が出てくるなんて来年こそは主演男優賞も叶うかも!!!等また勝手に先走り「インセプション」のDVDリリースが待ちきれず今回の「シャッターアイランド」をチョイス!自分の黒目の中がラッキースターでキラキラぴかぴか(新しい)してるのを十分承知の上で、再生ボタンポチッとな。

↓スクリームアワードではスクリーム賞受賞との事!かわいい
「インセプション」に王冠!「スクリーム・アワード2010」発表


精神障害犯罪者を収容する島シャッターアイランドで起こった謎の失踪事件を追う保安官のお話。あなたは上映開始何分でこの謎を解けますか?との事でかなり挑戦的なキャッチ。
シャッターアイランド公式 HP (日本語の予告編が流れます)
金田一耕助みたいな始まり方だなーと思いながら、どことなくいつものレオの演技の印象とは違ったよく解らない違和感を感じながら(←これも今思えば演技の裏の裏だったと思うと結構奥が深いひらめき)話がやはり金田一耕助風に展開していく。こういう謎解きものはほとんど探偵の一人舞台だからひたすら主人公の動きを追う、追う、追う。レオ、レオ、そしてまたレオ。(←キャ〜!!!ハートたち(複数ハート)
推理小説は好きなのでこういう一人称ものは結構ああいったオチってありよね、とか昔読んだエピソードを思い出したりしながら、だいたい1時間経ったくらいからでしょうか。なーんとなく確信してからが長かった。あれだけうだうだと説明できるのは編集のせいなのか監督の強引マイウェイのせいなのか、そういえば、マーティン・スコセッシのイメージってなんだかバイオレンスパンチ。支配的な漢な雰囲気がテレビのモニターの端々から激しく放出されておりまして、申し訳ないのですが、最後の本当の本当の種明かしの部分は早送りしてしまいましたバッド(下向き矢印)
ただでさえイタイのに、その裏づけでリアル描写されたらもう説明のし過ぎだっちゅーの。そしてまたむむっと唸ってしまった、あまりにもかっこ良過ぎるレオの最後のセリフ。レオの視線だから耐えられるけど、それ以外だったらもう怒ってるっちゅーの。・・・っと文句たらたらになってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)が一番言いたいのは、レオがとにかくかっこいい揺れるハート、という事です。

そんな訳で超久しぶりのこのモヤモヤ感。ググって皆様のご感想を拝読してましたら結構突っ込んで真相を知りたがる方いっぱいいるみたい。こういうのって自分はどう感じました、で終わっていいんじゃないかなぁ。深読みし過ぎて迷宮入りしちゃってそうな感想とかそれこそシャッターアイランドの囚人状態がく〜(落胆した顔)。おもしろかったね。(レオかっこ良かったね。)で終わる映画でそれ以上でも以下でもない気がしました。あえて言うならミシェル・ウィリアムズの「本当に懺悔する気があるのなら都合よく散らないでちゃんと生きてその狭間で一生苦しんでなさい!」という怒りの声が聞こえてきそう。(ってかこのキャスティングが既にイタイ。)
・・・やっぱちょっと今日の私、パイレーツ(懐たらーっ(汗))並みにトゲがあるなぁ。・・・。

という事で「インセプション」のDVDは12/7リリースみたいですドコモポイント
クリスマス&年越しが待ち遠しくなってきます。




インセプション Blu-ray & DVDセット プレミアムBOX (初回限定生産)

インセプション Blu-ray & DVDセット プレミアムBOX (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray




↓ダークシティっぽい?インセプション予告編



ディパーテッド [DVD]

ディパーテッド [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD





タイタニック アルティメット・エディション [DVD]

タイタニック アルティメット・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD





ロミオ&ジュリエット ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]

ロミオ&ジュリエット ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray





ギルバート・グレイプ;WHAT'S EATING GILBERT GRAPE [DVD]

ギルバート・グレイプ;WHAT'S EATING GILBERT GRAPE [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD





ボーイズ・ライフ【字幕版】 [VHS]

ボーイズ・ライフ【字幕版】 [VHS]

  • 出版社/メーカー: CICビクター・ビデオ
  • メディア: VHS





↓なんとなく思い出したゲーム。

クロック タワー

クロック タワー

  • 出版社/メーカー: ヒューマン
  • メディア: Video Game


posted by Guckmov at 02:18 | TrackBack(0) | 映画鑑賞−SUSPENSE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

★★★☆☆パッセンジャーズ/キャスティングの勝利


パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD




これはたぶん配給会社のキャッチーコピー制作泣かせの類に入ると思う。飛行機事故飛行機で生存した数名の食い違う供述から話がある方向に展開していくと思いきや・・・がく〜(落胆した顔)。いろんな要素がつまりすぎてどう説明すればいいのか本当に迷うところ。一番手っ取り早いのはドンデン返しは見てのお楽しみな感じだと思うけど、予告編を見る限りやっぱ結局サスペンス要素を採用したみたい(そのキャッチにつられて私も見た口なのでドコモポイント)。

「フォーガットン」雷のようでもあり「アザーズ」モバQのようでもあり、そういったミステリーっぽさはもう出し尽くされている(二番煎じ)な印象は否めないので、やはり女性をターゲットにしたラブストーリー揺れるハートであった方が良かったんではないかなぁ。
特に自分の殻を破る事に消極的だった主人公が何かのきっかけがあって殻を破り人間として成長する、って話は日本女性には(少なくとも私には)感情移入しやすく、今まで何でこんな無駄なラブシーンがあるんだ、くらい思っていた件が全て必要不可欠な伏線であった事が納得できるラストではちょっとした感動もぴかぴか(新しい)

内容はどこからどう見てどう評価していいのかよく解らないけれども、少なくともキャスティングでは大成功しているひらめき。主人公のアン・ハサウェイは瞬きひとつ、口元のしわひとつで感情を伝えられるかなりの演技派女優。その他にも、何でここにこの人?と思わせる出演者達が、オチが解った途端に「なるほど〜」とニヤっとしてしまう程、それだけでキャラクターの説明が省かれるくらいの好演。キャストで見せる映画のひとつだと思う。



↓あまり出しすぎるとオチがばれそうなので・・・
posted by Guckmov at 16:00 | TrackBack(0) | 映画鑑賞−SUSPENSE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

★★★★☆『ディスタービア』のシャイア・ラブーフ最高!

月に2〜3回どうしても眠れない事がある。
生理前後とか排卵日前後はあちこち痛みが復活してきたり、昼寝した訳でもないのに痛いからという訳でもなくどーしても眠れなかったり。病気以前もひどい方ではあったと思うけど今程じゃなかったので薬の副作用という事で割り切る事にしました。なぜ眠れないんだ!と考えれば考えるほど眠れない。
ってな訳で昨晩は開き直って、夫とゆいどんが眠ったのを見計らってスカパーのPPVを探していると、いい感じの放送時間だった『ディスタービア』を発見。
主人公のシャイア・ラブーフはディズニーチャンネルの『おとぼけスティーブン一家』の時からおもしろいと思ってたし、『トランスフォーマー』でもいい味出してたので期待大。その上内容もサスペンススリラーという事だったので見てみたかった映画のひとつでした。
だいたい1時間経ったくらいからの前半と後半の境界線がすごく解りやすかったのだけど(前半は何気ないイタズラ好きな日常とか恋心を抱く青春模様とか。後半は犯人を追い詰めていくマジなスリラー劇。死体とかどアップだったりしたけど一瞬すぎてよく見えなった。)彼のキャラクーターに十分に惹かれてから、さぁ真髄を見せましょう!ってな感じで本当に視聴者に優しい予想通りの展開(本当にその人が犯人なのかどうか、白か黒かだけが問われる結末へ)。最新テクの使い方が今風だなぁっととても感心しました。

なんといってもシャイア・ラブーフの好演につきる映画だったのだけど(女の子もよかった。ちょっとオーバーリアクションだったけど韓国人のお友達もよかった。『マトリックス』のキャリー・アン・モスがママ役!!)、以前はそんなに役者の演技力に注目して映画見てなかったのになぜか映画を見終わった後、印象深い役者がずっと気になってたりする。(『キャンプロック』のデミ・ロヴァートがあまりにも残念だったからかなぁ。前髪短くして眉毛出したらもっと表情豊かになると思った。)この前偶然見た『パーティー・モンスター』のマコーレー・カルキン(ホームアローン)もその演技力に引き込まれて思わず最後まで鑑賞。(おもしろかった!!)
やっぱり私生活がどうであれ(両方とも警察とはご縁が深いようです)、素晴らしい仕事をしていい作品を残した役者には賞あげたくなります。才能なんだろうなぁ。でもゆいどんにもし演技の才能が芽生えたとしても芸能人は目指してもらいたくない。。。ま、その時はその時だけど。


リセット不能の覗き見ゲーム『ディスタービア』HP
http://www.disturbia.jp/top.html

1980年代後半から1990年代初頭の奇抜なクラブシーンを再現!?『パーティー・モンスター』HP
http://www.wisepolicy.com/partymonster/
posted by Guckmov at 16:12 | TrackBack(0) | 映画鑑賞−SUSPENSE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。